着物の管理の仕方

簡単な着物・浴衣のたたみ方

一般的な着物や浴衣なら、「本畳み(ほんだたみ)」の畳み方が主流です。

この他、刺繍や金箔など豪華な加飾を保護する「夜着畳み」、長襦袢用の「襦袢畳み」、羽織用の「羽織畳み」、略式の「袖畳み」などがあります。

【本畳みの手順】

1. 衿を左に広げます。次に下前(右)の脇を縫い目できっちりと折ります。

2. 下前の衽(おくみ)の縫い目を目安にして手前に折り返します。

※衿は内側に自然に折ります。

“3. 上前(左)衽を下前(右)の衽の上に重ねます。

4. 上前(左)脇の縫い目を下前(右)脇の縫い目に重ねます。背縫いで折ったよう形になります。

5. 左右の袖をそれぞれ、袖付けの縫い目で外側、身頃に向かって折り返します。

6. 丈を半分にします。丈はたとう紙や収納場所に合わせ調節してください。

※袖の折り方はその他、左右両袖を重ねて折る方法などがあります。

簡単な着物・浴衣のたたみ方

長期の保管が必要な着物にはシルク安心パックをお勧めします

シルク安心パックは、外気を遮断する特殊な包装資材を使用します。

密封された袋内の酸素を脱酸素剤で吸着し、安全な不活性ガスのみの充填状態を保つことにより、お召し物を劣化させずに保管する手段です。

以前より食品の保存、精密機器の保管等に利用されて来た、信頼できる技術で安心です。

密閉状態で、空気を抜き体積を減らすだけの衣類圧縮パックとは、全く異なります。

お子様の晴れ着、振袖など、お召し後、特に長期の保管が必要な御着物に、お勧めします。

詳細はこちら

長期の保管が必要な着物にはシルク安心パックをお勧めします
お問い合わせはこちら