職人のこだわり

素晴らしい仕上がりと風合いをお約束します。

着物への優しい思いやりを込めたクリーニング

昔は和服を洗うということは、水を使っての洗い張り、仕立て直しが一般的でした。

絹の繊維は性質だけを考えると、本来、水洗いよりもドライクリーニングのソフトな処理が適しています。

しかし、油性の溶剤を使用するドライクリーニングは、水溶性の汚れには弱く、万能ではありません。

汚れ、しみは多種多様であり、どの様にして作られた御品物がどのようになっているかにより、お手入れを 選ばなければなりません。

着物への優しい思いやりを込めたクリーニング

ハイドライ森内では和服専門に特化した、独自のクリーニング技術を確立しています。

高級な和服も長く美しくお召しいただけます。

洋服は、しみぬきはいたしますが、クリーニングをお引き受けできないのはその為なのです。

着物への優しい思いやりを込めたクリーニング

しみや汚れに驚き、あきらめてはいませんか?

見えない所まで目が届くこだわりのしみぬき

しみぬきは第一に、見えないしみのお手入れが肝心です。

たとえば、汗は衿、脇、帯下など、つきやすい所は決まっています。

そのままにしておくと、黄変し目立つようになってきます。

>> 詳しくはビフォー&アフター参考

ハイドライ森内では先手を取って黄変になる前、すなわち汚れのうちに、しっかり汗を取る独自の汗抜きのお手入れをお勧めしています。

見えない所まで目が届くこだわりのしみぬき

保管中に出てきたしみ、変色、脱色、原因は様々ですが、あきらめないでください。

染色、模様が傷んでいても、しみぬき作業後、染料のはき合わせ、金銀彩加工で再生することができます。

それが染色補正という仕事です。

しみぬきのエキスパートである

・伝統工芸士

・一級染色補正技能士

・衣料のドクターともいえる繊維製品品質管理士

三つの資格を併せ持つ職人が、きっと皆様のお役に立てると思います。

見えない所まで目が届くこだわりのしみぬき

お問い合わせはこちら